おもてなさない、向上をめざす【MWS日高デイトレセンター見学記④】

200名以上が1日に利用するデイサービス、MWS日高デイトレセンターの見学記、4回目です。

デイサービスのお仕事って、本当に多岐に渡ります。

それは介護としてのケアだけでなく、お客様として扱うサービスも含まれているから。

そして、それはケアとサービスがはっきりと線引きされていません。

だから、身の回りのことを自分でできる人が、服をハンガーにかける・荷物をロッカーに入れる・お茶汲むのを座って待っている…と言うことが起きてしまいます。

勿論、紛失防止などのトラブル対策や、ロッカーが狭いといった建物上の理由もあると思います。

ただ、介護保険の理念からいえば、対象の方の力を伸ばすことにサービスを注ぐことが最優先ではないかと思うのです。

デイトレセンターでは、そう言った自立を促すおもてなさない仕掛けがあちこちにありました。私が気付かないことも、もっとあるでしょう。特に心に残ったものを写真と一緒にどうぞ!!

水分摂取は自分で

飲み物は、特別な事情がない限り(飲水制限、自分からは飲まない)自分で飲みます。

お茶ステーションがフロアのあちこちにあって、自分で飲めるようになっています。体感的には4隅にはある感じかな?数えてなかった…。

コーヒーや紅茶といった、ちょっといい飲み物を飲みたい場合も、給茶器まで行けば飲めます。

なので、コーヒーが飲みたいから2階に行くなんてこともあるわけです。自然と歩く機会が生まれる工夫がされていて凄くいい。

コーヒーと煎茶
レモンティーとフレッシュウォーター(フレッシュってなんだ)

ロッカーは銭湯式

ロッカーは鍵がかかるもの、オープンな棚と2種類。すきな場所を選んで荷物を入れます。

「銭湯のロッカーを使うようなものですね」とのこと。施設で荷物管理しないの?って思いましたが、そう考えれば自然なことかも。こちらでは、買い物をすることもあり、現金の持ち込みOKです。

鍵付きロッカーはほぼ使われてる
オープンは利用率低め

入れやすい中段から埋まっていくので、車椅子の方や遅い便で来る方向けへの配慮もしてあります。

確かに下段を使うのはしゃがみ動作だから、いい運動。下段もしっかり埋まっていました。

転倒が怖いからと安全な姿勢を取ってばかりいると、しゃがみ動作が下手になったりするのでやり続けることも大事よねぇ。

目線の高さにあるんだ、これがw

移動は自由

デイサービス名物「後ろをついて歩く職員」があまり見当たりません。私が気付かなかっただけかもしれないけれど。

2階建ての施設は、エレベーターで自由に行き来できます。エレベーターに一人で乗るなんて!と驚きましたが、考えてみればマンションに住んでいれば一人で乗るだろうし、行き先が1階か2階かしかないのでどこかに行ってしまうこともない。

こうやって考えると「どうしてエレベーターに一人で乗ってはいけないのか」って、明確な理由が言えない自分に気付きます。

ちなみに、外は自由に…行けません。さすがにね(笑)

室内にウォーキングロードがある

買い物だって自立に必要だ

敷地内にスーパーのお買い物カーがきて、お買い物だって出来ちゃう。思っているより商品の品揃えが良いのです。お肉やお魚だってある。

バナナ美味しそう
買ったものはお預かりして、帰宅まで冷蔵庫保管

ご飯って生活の基礎で、楽しみで、健康にも欠かせないことだから、こうやって買い物ができるのはいいですよね。ヘルパーも足りなくなりそうなわけだし。

健康といえば、ヤクルトさんもきていました。

ミルミル派

とまあ、ほんとに沢山の仕掛けが隠れてます。

そんなに自由にしていて、施設から抜け出してしまうことはないの?
新しく入った人が馴染むのは大変じゃない?
自分でできない人はどうするの?
車椅子の人はどれくらいいるの?
積極的に歩いたら転ばない?

そんな疑問に丁寧に対応してくださった北嶋社長、ありがとうございました!

今回見学させて頂いた施設は日高デイトレセンターになります

 

おもてなし型デイも悪くはないけれど、自立のためには手助けをぐっと堪えなければいけないことも多いです。

MWS日高さんのように自立支援型デイに大切なことは?とお伺いした時に「システムを導入するのは難しくない。けれど、手を貸しすぎないようにすることが大切」と教えていただきました。

そう言う意味では、職員も新しい価値観が必要なんでしょうね。

他にも、送迎車を生かした福祉MOVERや、オンラインも組み合わせたハイブリッドデイサービスなど、興味深いお話を聞かせていただきました。

見学も受け入れているので、一度見に行ってみるのはいかがでしょうか?
あの圧倒的な広さと人の多さは圧巻ですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です