ギャップと筋肉と映画

平日休みなので、友人と映画をみてきました。

売り上げが心配になるソーシャルディスタンス

マ・ドンソクがみたくて

マ・ドンソクの筋肉が見たくて!

マ・ドンソクのチラ笑顔が見たくて!!

これ

眉間が深すぎてつまようじ挟めそう

見てきました。

いやあ、よかった。
筋肉も良かったし、展開もよかった。
濃厚でスピード感ある内容だったので、2時間があっという間でした。

見た目が凶悪なマ・ドンソクですが、笑うとキュートでそのキュートさから「マブリー」とも呼ばれています。

この顔でキュートなんて、究極のギャップ萌えですね。
ギャップがありすぎて、バンジージャンプできそうです。

ギャップって、相手が望む自分を演じているとなかなか出てきません。
私なんかはギャップがある方が好感が上がるぞ、と言われても悪い方に評価されるのが心配で、ついつい安全な、期待どおりの私になろうとしてしまうようです。

しっかり者で
酒が好きで
社交的

違う面もあるのにね

こんな自分もあっていい、と自分で自分にGoが出せないので、こうやって違う面がある人を見ると眩しく思えます。

今は、眩しいなと思ってますが
いずれ、どんな自分も自分、と言えますように。

ビールがオシャンティ

あーだこーだ楽しく映画の感想に付き合ってくれた友人からはお誕生日に本をプレゼントしていただきました!

見て、ヨシタケさんの包装なの

2人で映画を見ると、自分が気づかなかったことを教えてもらえるので、好き。

相手が、どんなことを面白いと思ったのかを聞くのも面白いし。

でも、それは私が相手のことを知りたいと思ってるからなんだろうなぁ。興味のない人と一緒に映画行こうとは思わないから。

そんな2人で感想を言い合ったマ・ドンソク主演の悪人伝。北野映画(バイオレンスな方)が好きな人とか、インファナルアフェアが好きな人にはお勧めです。

後、筋肉が大好きな人w

ダブルのスーツがパッツンパッツンなマ・ドンソク
ネクタイが締められなさそうなマ・ドンソク
上腕が太腿並みのマ・ドンソク

ああ、今回も可愛かった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です