レンタルって素晴らしい

痛風発作がでた夫は自宅待機なので、今日は1人で朝からジムへ

どんより

最近、挨拶する人ができたんですが、黙々とやるのもいいけど「どうも」「お疲れ様です」「お先に」と声をかけられる人がいるのもいいですね。

今日は住環境整備で訪問してきました。

電動車椅子が欲しいんだけど、どういうのがいいかしら?ということだったんですが

行ったらもうすでに使ってみたい車椅子が決まっていたw

合っているかも大事だけど、乗りたい気持ちがもっと大事なので、まずはそれを使ってみましょうということで終了。

介護保険の素晴らしいところは、介護に必要なものがレンタルで使えるところ。

合わないなと思えば違う商品に変えられるから、使ってみたいものを積極的に試していける。

どうせなら、快適に過ごしたいもんね。

介護保険では当たり前のレンタルも、障害の分野にはなくて。
一発で「これ!」と決めて購入申請を出すので、冒険ができません。

だから、「合わないかもしれないけれど、使ってみたい」という希望を叶えてくれる介護用品のレンタルは素晴らしいサービス。私が使う時も残っていて欲しい。

ちなみに、その方が理想とする生活はこちら

思いのままに、自分を貫いてください(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です