衰退ジャンルと分かっていても好きなんだ

昨日は週1回のstandfmライブ配信でした。

毎週水曜日21:30からやっている、友達のわかなちゃんと一緒に好きなこと(主にオタク的な)を30分喋り倒す配信です。

https://stand.fm/episodes/5ff5b5ca6e04f713efa04f03

ヒットマンは自分がエージェント47となって、暗殺請負をするゲームで、私の中でステルスゲームといえばヒットマンというくらい好き。

ただ、今作を最後にヒットマンは作成されないらしく、一つのゲームジャンルが終わったなぁと感じます。

Steamになるとシーフシュミレーターとかいいゲームもあるんだけどね。PS4でやりたいの。トロフィー実績がたまるからw

他にもかまいたちの夜とかやるドラ系のノベルゲーム、プリンセスメーカーやモンスターファームの育成ゲームが好きなんだけれど今はノベルも育成系もソフトを買ってどっしり腰を据えてやるより、アプリゲームでサクッとライトにやるのが主戦場のようで、残念。

アプリゲームは暇つぶし的なクオリティが多いから、手を出してません。パズルゲームはいくつかやったけど、気軽な分時間泥棒になってしまったのでやめちゃいました。

とまあ、私が好きなジャンルのゲームは衰退気味ではあるのですが、好きなものは好きなのよね。

ゲームがソフトを売って稼ぐモデルから、課金で稼ぐモデルになった故に大作というのが作りにくくなった印象です。

課金で稼ぐということは、長い間プレイしてもらうために、新しいコンテンツ、新しいキャラクターを短いスパンで出さなければいけなくなるので、どうしてもストーリーは薄く「どこかできいた話だなぁ」というものになってしまうような気がします。

何年もかけて次回作を作るなんていうのは超人気作じゃないと難しいんでしょうか。むむむ。

今年は
ヒットマン3
ディスガイア6
NieR Replicant ver.1.22474487139…
シビトマギレ
あたりが気になるゲームです。

ホラーゲームも一時下火になったかな?と思いましたが、発売情報を見ているとポツポツと出ているので、なんだかんだ言ってもそのジャンルが好きという人がいる限りは無くならないんでしょうね。

最後にヒットマンのトレイラーをば。日本語版がないので、やっぱりステルスゲームの日本市場は小さいのかなぁ。くすん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です